ピーナッツ(落花生)
 


ビーナッツには良質なタンパク質やミネラル、
ビタミンE、ビタミンB群といった栄養素が
バランス良く含まれています。

 

脂質が多いピーナッツですが、その半分は
オリーブオイルに多く含まれているオレイン酸。
このオレイン酸は善玉コレステロールを減らすことなく、
悪玉コレステロールのみ減らしてくれるので、
動脈硬化や心筋梗塞の予防に効果的です。


ピーナッツの渋皮には、抗酸化作用が非常に高い
レスベラトロールが豊富に含まれています。
これはぶどうの果皮や赤ワインなどにも含まれる
ポリフェノールの一種で、ガンや老化の予防、
肌のハリ改善効果が期待できると
注目されている成分です。


「THREE NUTS」では千葉県産のピーナッツを
渋皮ごと使用し、ピーナッツの魅力を
余すところなく生かしています。


 


クルミ

 


ナッツ類の中でも、最も高い抗酸化作用を
持つのがこのクルミです。
ひとつかみのくるみに含まれるポリフェノールの量は
赤ワイン1杯分以上と言われています。

 

主成分の70%が脂質ですが、
不飽和脂肪酸であるオメガ6脂肪酸(リノール酸)と
オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)を
バランス良く含んでいます。


不飽和脂肪酸はコレステロールを取り除いてくれるため、
動脈硬化や高血圧の予防に効果大。
なかでも、α-リノレン酸は体内で
EPAやDHAに変わるので、
脳の活性化や認知症の予防につながります。


ほかにもカルシウムや鉄などのミネラル、
ビタミンE・B1・B2などのビタミン類も豊富。

さらに眠りを誘うホルモン・メラトニンも
含まれているので、体内時計の調整効果も期待できます。



 


アーモンド

 


食品の中でもビタミンEの含有量が
トップクラスなアーモンド。
ビタミンEは「若返りのビタミン」と言われており、
老化の原因となる過酸化脂質の発生を抑制します。

 

また、血液の循環を良くする作用もあるので、
肩こりや冷え性、緊張性頭痛の予防・改善にも効果的。
それ以外にもホルモンの分泌を促すため、
月経痛や月経前症候群の改善、ハリのある肌と
ツヤツヤな髪を作るなど、女性にとって
うれしい効果がたくさんあります。

そしてビタミンEだけでなく、
ビタミンB群や食物繊維もたっぷりです。


その中でもニキビや口内炎を予防し、
美肌や美髪づくりに欠かせないビタミンB2が豊富。
さらに、カルシウムや鉄分といった
ミネラルの宝庫なので、
体の調子を整えてくれます。

 

 


てんさい糖


 

てん菜糖の原料となるのは「てん菜」という植物で、
別名「サトウダイコン」と呼ばれています。

見た目は大根のようですが、実はほうれん草の仲間。
日本では北海道でのみ生産されており、
「THREE NUTS」でも
北海道産のものを使用しています。


てん菜糖の大きな特長は、
天然のオリゴ糖が含まれていること。
オリゴ糖は腸内のビフィズス菌を活性化させ、
お腹の調子を整えてくれます。

また、「暑い土地で育った野菜は体を冷やし、
寒い土地で育った野菜は体を温める」

「土の上で育つ野菜は体を冷やし、
土の中で育つ野菜は体を温める」

と言われているように、寒い北海道の土の中で育った
てん菜を使用したてん菜糖には、
体を温める効果も期待できます。